野菜の特徴や栄養効果って何?

野菜には、どのような特徴があり、どんな栄養効果が期待されているのでしょうか。
様々な食べ物が豊富にある現代社会では、脂質などの過剰摂取による肥満や生活習慣病が問題になっています。
ガンや心臓疾患、脳血管疾患など、遺伝的要因や体質などの他に、食生活や運動、ストレスなどの生活習慣が大きく関係しているといわれています。

そこで、生活習慣の見直しと共に、野菜を多く摂取することが推奨されています。
野菜の特徴として、生活習慣病を予防する栄養素が豊富に含まれていることがあげられます。

野菜には、かぼちゃやオクラ、ニンジン、トマトなどβーカロテンを含む緑黄色、大根や玉ねぎ、キャベツ、さつまいもなどの淡色野菜があります。

1日合計350グラムを摂取することが理想とされています。
栄養成分の特徴は、免疫力を高め、様々な栄養効果がある各種ビタミン類が豊富に含まれています。
また、腸の働きを高め有害物質を排出し、腸をきれいにする不溶性食物繊維、糖分やコレステロールの吸収を抑え、動脈硬化や糖尿病などを予防する水溶性食物繊維、抗酸化作用があるポリフェノールなどがあります。

βカロテンは、強い抗酸化作用が特徴で、アンチエイジング、お肌や髪の毛、爪などを美しくする効果が期待されています。
健康やアンチエイジング、美容にもとても良いといえます。

45

野菜を簡単に摂取する方法は?

野菜を積極的に食べることは、様々な場面で言われています。
しかし、忙しい現代人は、外食中心の食事やコンビニなどの総菜で食事を済ませてしまいがちです。

そんな場合にも、休日を使って野菜中心の調理をしておくといいいでしょう。
冬の時期には大量の豚汁、あるいはモツ汁を作ります。
野菜は、大根、人参、白菜、ネギくらいで十分です。
あればきのこ類を入れて、豚肉かモツを入れます。
そして、コトコト煮込むだけです。

野菜を切るだけなので、15分もあれば、おいしい野菜料理の完成です。
気付いたときにまた火を入れれば、味もしみこみます。
とても簡単にできますし、これ一品で、夕食やおつまみになります。
大量に作っておいて、冷蔵庫に保存しておけば3日は食べられます。
お仕事の日は帰ってきて温めれば食べられるので、簡単で体に良い食事です。
それでも、休日がないほど忙しい、という方は、コンビニでカット野菜を購入する方法もあります。

カットされているので、ドレッシングをかけるだけで簡単にサラダが食べられます。
できれば毎食食べた方が良いので、一食はカットされたものに頼ってもいいかもしれません。
できるだけジュースではなく生野菜を摂取したいものです。

46

じゃがいもは野菜?どんな栄養があるの?

じゃがいもは、「食品成分表」によると、芋及び粉類に分類されています。
じゃがいもは芋類のため、緑黄色や淡色の野菜とは区別されます。
炭水化物であるので、食べすぎてしまうと太ってしまったり、血糖値が上がりやすくなったりしてしまいます。
ですが、ご飯と比べてみるとじゃがいもはカロリーは半分ほどであるので、上手に食べることによって満腹感をえることができます。

じゃがいもは様々な栄養が含まれています。
代表的な栄養素にはビタミンC、B1、B2、B6、カリウムがあります。
ビタミンCは通常加熱等に弱く、壊れやすいのですが、イモ類はでんぷんが含まれているので、ビタミンCも壊れにくく体に吸収されていきます。

ビタミンB1は糖質を分解することができ、ごはんの約3倍含まれています。
集中力もアップし、イライラなども感じにくくなります。
カリウムに関しても、とりすぎてしまった塩分を排出するため、むくみにくくなります。
じゃがいもは他の野菜と摂ることで、食べすぎを防止することができます。
健康や美容に良い栄養素がたっぷりと含まれているので、上手に取り入れてみましょう。
レタス等の食物繊維が豊富な野菜や、エリンギなどのきのこ類を組み合わせるとさらに良いでしょう。

47

現代人は野菜中心のメニューを摂るべき?

食の欧米化によって世の中には美味しい食べ物が溢れています。
ジューシーな肉や甘いデザート、パスタやラーメンなどが挙げられます。
ただ、健康にとって決して良い食事ではないと考えられます。
歳をとっても健康に生活したいと考えている方は多いはずです。
偏った食生活では歳をとった時に、大きな病気をしやすくなるので、早めに改善することが求められます。
若いときは特に大きな問題が生じないので甘く考えてしまう方が多いのですが、もっと将来のことを考えて生活するべきです。

好きなものばかり食べたい気持ちは理解できますが、野菜中心のメニューにしてください。
野菜中心のメニューは健康だけでなく、ダイエットにも効果的です。
なかなかダイエットが上手くいかないと悩んでいる方にも野菜中心のメニューに変えてみることを推奨します。
ただ、1日の必要摂取量は350gですし、野菜が嫌いな方もいると思われるので、青汁を利用するのも悪くない選択だと言うことができます。

青汁は必要な栄養を効率よく摂ることができるので、忙しい現代人に適しています。
青汁といえばクセがあって飲みにくいイメージがありますが、最近はフルーツを生かした美味しい青汁が増えています。

48

ランチに摂りたいおすすめは?

冷え性の人にとって、冬の生野菜サラダはなるべくなら避けた方が良いメニューです。
特に、キュウリやレタス、トマトといった夏が旬のものは、漢方で身体の熱を冷ます作用のある陰性の野菜と分類されていますので、真夏の暑い時期には最適でも、真冬、ことに冷え性の人には不向きの食品ということになります。

身体が冷えてしまうと血の巡りが滞り、新陳代謝が悪くなるので老廃物を排出しにくくなるため、太りやすい身体となってしまいます。
ダイエットのためにと選んだはずのランチの生野菜サラダが、実は逆効果になっていることもあるのです。
冷え性の人は、寒い季節はなるべく陽性の野菜を、加熱調理してから摂るようにしたいものです。
漢方で陽性と言われているのは、にんじん、ごぼう、玉ねぎなどの根菜類と、かぼちゃ、れんこんなどですので、それらを蒸すなどして、グリーン系のブロッコリーなどを加えてホットサラダにしたものが向いています。

肉類を加えたら、それ一品で立派なランチメニューとなりそうです。
新鮮野菜のシャキシャキサラダが恋しいときは、気温が高めで身体も適度に活動しているランチタイムでの賞味が良いでしょう。
主菜はショウガやネギ類をたっぷり使った熱々の肉料理など、身体を温めるメニューにすると、身体の冷やしすぎを防げます。

49

コレ!お役立ちウェブサイト

野菜についての説明をこのページではしていきました。
野菜には様々な効果が期待できるわけですが、便秘で困っている人が摂取するものでもあるかもしれません。
一方で、便秘対策には色々なものがあります。例えば、運動などが知られていますが、便秘のお茶というのもあります。